日本電熱「エコフット」のご購入はフジコーポレーションへご相談ください!

エコフットのご購入・お問い合せ

株式会社フジコーポレーション

日本電熱 電気式貫流ボイラー
「エコフット」
NK-35R、NK-75R、NK-110R、NK-150R

電気式ボイラーは、燃焼系に比べて高い環境順応性、簡易な操作性、場所を選ばない設置性などの他にメンテナンスコスト、設置方法など燃料系ボイラーと比べて数多くのメリットがあります。

このページでは、電気式ボイラーのメリットや用途例をご説明するとともに、日本電熱の電気式貫流ボイラー「エコフット」のご購入やご相談を受付いたします。

日本電熱 電気式貫流ボイラー
「エコフット」の特長

クリーンエネルギーの電気が
熱源

● 設置場所でのCO2発生ゼロ!
● 電気による安定熱源供給、熱効率95%以上
● 排煙ダクト不要、屋内設置が可能
● 高い安全性(火災心配無用)
● イージーメンテナンス

洗練されたスリムなボディー&設置場所の省スペース化を実現

● サイズ例(NK-150R)
W515×D1115×H1470
● ワークポイントごとの設置が可能(分散型)

安全性の高い操作性&シンプルオペレーション

● 簡単操作(基本的にスイッチのON/OFFのみ)
● ボイラー技師免許不要
● 早い起動時間

電気式貫流ボイラーのメリット

電気式ボイラーのメリット1
メンテナンスコストの削減

燃焼系に比べて電気式は排煙ダクトが不要、燃料配管が不要、操作が簡易など、メンテナンスにかかる間接的なコストを削減することができます。

電気式ボイラーのメリット2
クリーン&エコロジー

化石燃料を燃焼させる燃焼系ボイラーに比べ、電気式ボイラーは安定したコストでの運転が可能です。直接燃料を燃やさないので、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の輩出が無く、クリーン&エコロジーで環境に優しい運転が可能です。

電気式ボイラーのメリット3
エネルギーコストの削減

燃料系ボイラーは基本的に屋外設置ですが、電気式ボイラーは屋内使用箇所付近に設置することができ、配管熱ロスや部分蒸気供給によるエネルギーの消失を下げることが出来、エネルギーコストの削減が見込めます。

電気式ボイラーのメリット4
高い安全性

日本電熱の電気式貫流ボイラー「エコフット」には、震度5以上の地震が発生した場合に自動的に運転を停止させる耐震安全装置に加え、空焚き防止機能、安全弁、圧力スイッチなどの高い安全性が実現されているので、火気厳禁工場内でも安心してご使用いただけます。

「エコフット」のご購入・ご相談はこちらからどうぞ!

電気式貫流ボイラーの用途例

■洗浄

厨房機器、タービンなどの部品、金型洗浄、半導体装置、半田槽装置などの高圧洗浄機として

■熱交換・加熱

メッキ槽のメッキ液の加温・保温などの熱交換・加温用途として

■殺菌・減菌

食器類の除菌・洗浄、キノコ工場の装置の殺菌・減菌に、医療器具などの殺菌装置として

■暖房・空調・調理

空調機・加湿器などの空調機器に、解凍などの調理器具に

エコフットの高い安全性

日本電熱のエコフットは、耐震安全装置地震発生時に自動的に運転を停止空焚き防止機能安全弁圧力スイッチなどの高い安全性を実現していますので、火気厳禁工場内でもご使用いただけます。

「エコフット」のご購入・ご相談はこちらからどうぞ!

エコフットオプション仕様説明

①異電圧仕様

200V、220V以外の電源電圧でも製作が可能です。(380V、400V、440V等)

②高温給水仕様

給水温度が80℃を超える場合でも、本オプションで対応が可能。

③キャスター

装置底部にキャスターが設置され、装置の移動が容易になります。但し、運転の際は付属の専用金具にて装置を固定してください。

④連続ブロー機能

24時間運転等により定期的な全ブローが実施できず、ボイラー水の過濃縮が予想される場合は本オプションを選定してください。

⑤負圧防止弁

負荷側(お客様蒸気使用部)が密閉されている場合、ボイラー停止後にバルブをそのままの状態で放置しておくと、蒸気が凝縮しボイラー及び負荷側内部が負圧(大気圧以下)となります。上記使用条件で負荷側が負圧に耐えられない場合は、本オプションを選定してください。

⑥接液部ステンレス仕様

接液部、接蒸気部が全てステンレス製となります。

⑦純水仕様

純水、Ro水、蒸留水等、電気伝導度の低い給水を使用する場合は、本オプションを選定してください。

エコフット標準仕様

項目/型式名   NK-35R NK-75R NK-110R NK-150R
最高使用圧力 MPaG 0.98
使用圧力 MpaG 0.2~0.6 0.2~0.8
相当蒸気量 kg/h 37.5 75 112.5 150
実際蒸気量 kg/h 32 63 95 127
ヒーター出力 kW 24 48 72 96
ボイラー効率 % 95以上
ボイラー形式 - 多管式貫流ボイラー
伝熱面積 1.2 2.4 3.6 4.8
保有水量(基準水位下) kg 8 12 16 20
ケーシング・外装 - 薄鋼板取り外し可能 合成樹脂塗料焼付け仕上
使用電源 - AC 200/220V 3φ 50/60Hz(異電圧も製作します)
ヒーター 型式 - シーズヒーター式
容量×本数 kW×本数 12×2 12×4 12×6 12×8
給水ポンプ 形式 - 渦流ポンプ
容量 リットル/h×m 180×70 320×90
電動機 kW 0.2 0.4
AC 200/220V 3φ 50/60Hz 2P 屋内防滴
制御方式 ヒーター - ON-OFF自動 2ステップ自動 3ステップ自動
給水 給水ポンプON-OFF自動 (電極棒検知)
安全装置 - 起動時のヒーター空焚インターロック、ボイラー低水位時の安全遮断警報、
蒸気圧力過高時の安全停止、漏電時の安全停止、
停電復帰時の安全起動、ボイラー安全弁
製品質量 kg 210 235 265 290
設備電流 A 85 170 250 340
外部接続径 蒸気管 呼び径(A) 15 20 25
給水管 15
缶底ブロー管 25
安全放出管 15 20 25
外形寸法 mm 515
奥行 815 915 1,015 1,115
高さ 1470

「エコフット」のご購入・ご相談はこちらからどうぞ!

Copyright © FUJI CORPORATION Co., Ltd.   All rights Reserved.